So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
2018年09月| 2018年10月 |- ブログトップ

アサギマダラ飛来 [花]

 11日(木)の事でした。

 庭の花の手入れをしている時、一匹の蝶が目に入りました。


  sIMG_9694.jpg

 アサギマダラです!

 我が家の庭で初めて目にしました。

 長距離の渡りをすることで有名なアサギマダラ。

 コスモスの花の周りをヒラヒラとしていましたがやっと花に

 止まってくれました。

 私のコンデジで精一杯の写真です( ;∀;)

 

 最近蝶々をあまり見かけなくなっていたので  

 アサギマダラの訪問は嬉しかった!

 伝統色の浅葱色が小豆色がかった茶系の濃淡に映えて

 お洒落な配色の美しい蝶々です。


 ほんのつかの間のアサギマダラの訪問。

 アサギマダラの好物のフジバカマは我が家の庭にもあるのですが

 北側の日陰になったところなので花が小さめで少ない。

 来年はもっと長く滞在してもらうため南側の日の当たる所に

 植え替えようと思っています^^

nice!(28)  コメント(14) 

マーブルと富山の旅 [風景]

9月17日~19日遅い夏休み?を取ってマーブルと3人で富山に

行ってきました。

夫が黒部ダムに行ってみたい、と言っていたのですが

マーブルはトロッコ列車に乗せる事が出来ないので断念して

初日は五箇山と彫刻の町井波に行ってきました。

 

 このトンネルは?

 sIMG_9543.jpg


 点在する五箇山合掌造りの里のうち
 菅沼合掌造り集落へ向かうトンネルです。

 

 山間を縫うように国道156号を走っていると五箇山合掌造り集落の

 標識が目に入ってきます。

 誘導されて向かうと菅沼展望広場駐車場に突当ります。

 車が駐車場に入るや否やすぐさま管理人のおじさんが駐車料金を

 集金にやって来ました。かなり不愛想です[犬]

 無断駐車は絶対させまいぞ!ってな感じでしょうか(笑)


 駐車場の一角にトイレとエレベーター棟がありました。

 どうやら集落に向かうのにエレベーターを利用するようです。

 不思議に思いながらエレベーターで地下3階に降ります。

 そして、そこから先ほどのトンネルを歩いて外に出ると、

 sIMG_9546.jpg

 菅沼合掌造り集落が現れました!

 ここは険しい山間を流れる庄川の河岸段丘に現在9戸の

 合掌造り家屋が残っています。

 

 国道沿いの駐車場からこの集落まではかなりの高低差が

 あるため観光客用にエレベーターを設置したんですね~。

 

 sIMG_9548.jpg

 昔のお家大きいわね~!

     sIMG_9556.jpg


  大きすぎてカメラに収まらない?

  お母さんのカメラアングルが悪いんでしょ!

 sIMG_9551.jpg

 9月の連休最後の日なので観光客も少なくてノンビリ。

  sIMG_9553.jpg

  

sIMG_9555.jpg

 集落には見るからに清らかな流れがめぐらされています。

 生活用水として使われているのですね!

 私達も飲んでみましたがとっても美味しい水でした!

 

 五箇山合掌造り集落は岐阜の白川郷よりこじんまりと
 ひっそりした感じでした、といっても白川郷には行ってないので

 写真などで見た印象からです。

 普通に生活している場所なので観光客が大勢やって来るシーズンは

 ちょっと大変なんじゃないか、って思いますが・・・


 五箇山合掌造り集落を後にしてこの後今夜の宿荘川沿いの和園という

 宿に向かいましたがまだ時間もあったので途中木彫りの町 井波に寄りました。


    sIMG_9572.jpg

 

   sIMG_9562.jpg


                sIMG_9567.jpg

   古い町並が軒を連ねていますが殆どすべてが木彫りを生業と

   しているそうです。

   sIMG_9564.jpg

  

   電話ボックスも木彫りでした!

   町を真っすぐに進んで行くと大きなお寺に突当ります。

  sIMG_9569.jpg

  大きな山門

   

  sIMG_9570.jpg


  

  sIMG_9571.jpg

  瑞泉寺というお寺で 散り椿 という映画のロケ地になったそうです。

  江戸中期に建立されたという瑞泉寺は過去3回火事で焼失しその都度

  建て替えられ全国から集まった彫刻の職人さん達で何時のまにか門前町は

  彫刻の町になったんですって。

  現在井波には約300人の彫刻師がいらっしゃるそうで(@_@)です!

  この町から全国の寺社仏閣、お城の修復、祭の山車などの注文をこなして

  いるとの事でした。

  どことなく浮世離れした不思議な町でした!

 

nice!(14)  コメント(6) 

2018年09月|2018年10月 |- ブログトップ