So-net無料ブログ作成

江戸情緒 [出来事]

空梅雨だった今年でしたが気象庁の梅雨明け宣言があったと思ったら
皮肉な事にその後毎日しとしと雨が降り続けています。

さて、雨が心配されていた23日(日曜日)に友人と企画した
ライブを安中市磯部の松岸寺で行いました。

s小菊チケット.jpg

 DMとチケット 友人のお嬢さんがデザインしてくれました!

  

 突然ですが、

 sIMG_9299.jpg

 夫が竹を加工していますが・・・?

 sIMG_9298.jpg

 

 ライブ会場入り口
  友人の弟さん手作りの立看が目印です。

 sIMG_9302.jpg


 山門を潜って境内には

   sIMG_9301.jpg


ライブ会場

sIMG_7958b-1.jpg

この日は朝から小雨が降っていましたが開場の5時半頃に
雨は止んで前日の猛暑とは打って変わって涼しくなりました。


sIMG_9304.jpg

開場の設え

 ここで夫が竹を加工したものがなんであるか
   お解りですね^^

   柳家小菊のめくりも夫が制作しました。
   夏用衝立と赤い毛氈は我が家から持って行き
   青竹の縁台は友人がインターネットで調べて
  千葉で制作している所から取り寄せました。

sIMG_9305.jpg

夫が作ってくれた竹のオブジエに私が花を生けました。

花材は駅前の広場に生えている葦をメーンに 友人の実家から半夏生
後は我が家の庭の斑入りのススキ キキョウ オイランソウ オミナエシ
緑色になったアジサイ 薄紫のナツシオンです。
イメージは江戸の大川(隅田川)辺の小料理屋です。

涼しげな風情を出したかったのです。



竹はばらして会場でセットしてその後に私が花を生けてゆきます。
竹のセッテングに30分、花を生けるのに30分。
居合わせた音響さんが 「速い!」と驚いていました^^
終わってからバラすのもあっという間の早業です!

段取りを考えて行けば時間はかかりません。
材料費は竹を支える板とビス、花を生けるオアシスしめて2500円!


sIMG_9307.jpg

6時、いよいよ小菊師匠のライブが始まりました。

寄席の芸人さんですから歯切れが良く軽妙なしゃべりで
あっという間に客席を引き込みます。
折しもお寺の鐘がゴ~ンとなってさらに客席が和みます。

sIMG_7982b.jpg

つい先日7月13日に落語家の春風亭小朝師匠をゲストに
三越劇場で初の独演会を行ったばかりの小菊さん。
声の良さもさることながら細竿三味線の多彩な音色に圧倒されました!


ところで何故唐突にこのような企画をしたのか不思議に思われるでしょう?
3年前私の住んでいる町に越して来た方と親しくなりました。
彼女は結婚前から様々なイベントの仕事をしてきたのですが駆け出しの頃から
小菊さんと知り合って40年来の付き合いなんだそうです。
友人から度々小菊さんの話を聞かされるのでいっそ安中でライブを
やってみてはどうか?という事になり今回の企画が出来あがりました。

sIMG_7961b.jpg

企画はしたものの果たして何人客が来てくれるのか不安でしたが
友人が営業に奔走してチケット58枚 招待の方が10人

計68人の盛況でした!


そして、何より嬉しかったのは小菊さんから「こんなに素敵な設えを
して貰ったのは初めて、写メで社長に自慢しちゃおう!」という言葉や
近所の方からは「今いる所が一体何処なんだろう?別世界にいったような
気持ちになった」という感想でした。
客席にはお三味線や踊りを習っている方や粋な麻の着物に巾着袋を下げた
おじいちゃま、男性一人など様々な方が見えていました。

また、お菓子屋さんの90歳近くのおばあちゃんは浅草生まれだそうで
一番前のかぶりつきで嬉しそうに新内のリクエストをしていました^^


ライブ会場ですが紆余曲折の結果ある方から磯部の松岸寺さんを
紹介されました。
そして住職さんはなんと快く場所を提供して下さいました。

しかも無償です!住職さんはジャズがお好きだそうで時々

お寺でジャズライブをするそうです^^


また友人の弟さんから紹介された音響さんもとても良い仕事を
してくれました。

夫が翌日に言った言葉は、
「夕べの小菊さんの会は何だか夢だったみたいだ」

そう言えば今日29日は隅田川の花火大会ですね!

小菊さんの会も夏の一夜の花火だったような気がします。



 おまけ

sKIMG0028.jpg


花を生けて汗だくになって家に帰ってから浴衣に着替えました。
久しぶりに浴衣を着て帯を結んだら何だかだらりとして上手く

行きません。時間がないので夫に何でもいいから結んでと頼んで

みたものの鏡で良く見えないのでスマホで撮って見せてくれました。


あっ、これは可愛過ぎる。本当はもっと粋な結び方にしてもらいたかった。

とは言えそれは無理な話である。
帯の結び方なんて夫は知るはずもないもの。
本はあったのですが時間がないのでこのままで会場に向かいました。


さて、会も終わって協力してくれたスタッフ11人とお蕎麦屋さんで
小菊さんを囲んでささやかに打ち上げをいたしました。
後日友人が会計の報告をしてくれましたが少々の赤字。
お客様に温泉饅頭とペットボトルの冷たいお茶をお渡しした分でした。
持ち出しが少なくて良かったホッ!