So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

中之条ガーデンズ ローズガーデン [花]

4日薔薇が見頃を迎えた中之条ガーデンズに行ってきました。

以前は花の駅美野原と言っていた所を中之条町が4年の歳月をかけて

全面リニューアル工事を行い完成は来年2020年春だそうです。


この広大な敷地の全面改修のチームは足利フラワーパークの大藤を手掛けて有名な

塚本こなみ氏を中心に総合プランとガーデンデザインは吉谷博光氏 

植栽表現に奥様の吉谷桂子氏

横浜イングリッシュガーデンのスーパーバイザーでバラ育種家の河合伸志氏という

日本を代表するガーデナーの皆様によるものだそうです。


ローズガーデンの様子です

sIMG_0002.jpg


蔓薔薇のゾーン


sIMG_0013.jpg


sIMG_0016.jpg


黄色系の薔薇のゾーン アクセントのブルーとのコントラストが素敵!

sIMG_0024.jpg


sIMG_0009.jpg

ここは白のゾーン

愛犬をSNSに投稿しているご夫妻は撮影に夢中でした!

この日は暑かったのでワンコもバテ気味でもういい?って

感じでしたよ。

ただこの一角は撮影者に遠慮して貸切状態でした。

気持ちはわかりますが大勢の人がいらしている時はいかがなものかと。

以前マーブルを連れてドッグランのある道の駅に行った時にもイヌ用の遊具の

場所で2匹の犬を撮影している方がいていつまでたっても終わらないので

マーブルを遊ばせられずに帰った事があります。

    sIMG_0021.jpg


薔薇と共に植えてある花の植栽がこのローズガーデンの魅力です!


sIMG_0032.jpg


  sIMG_0028.jpg


  sIMG_9948.jpg


  周囲の里山の風景に溶け込んで。


     sIMG_0025.jpg


 薔薇のアーチを楽しむ人々

 

 中之条町は群馬県北西部吾妻郡の行政の中心地で、人口約1万6千人程の町です。

 四万温泉、六合村 ラムサール条約に認定された湿地帯など自然豊かな町です。

 町おこしのの一環として始まった中之条ビエンナーレは国内外のアーチストが

 自由な発想で街中の各所で作品を表現する事で有名になりました!

 この中之条ガーデンズもその一環なんでしょう。


 しかし、素敵なガーデンの施設に残念な事が・・・

 ガラス張りのレストランからは緑豊かな園内が見渡せて良い感じなんですが。

 メニューを見て[がく~(落胆した顔)]


 群馬名物 おっ切り込み(うどんの一種)カレーライス おにぎり等

 郷土料理との事ですが。これらが美味しくないという事ではないのです。

 素敵なガーデンにふさわしいメニューを是非お願いしたいものです!

 ガーデナーの皆さんに負けないフードコーデネーターを選ぶべきですね。

 


 ローズガーデンの手前に吉屋桂子さんの手掛けた巨大なスパイラルガーデンが

 あり楽しみにしていたのですが此処はまだ植栽が揃っていなくて残念!

 渦巻き状の花壇に様々な花が咲いたらそれは見事な事でしょう!

 尚、入場料は無料でした。


nice!(29)  コメント(16) 

植物は聞いている。 [花]


我が家の庭には1本のスモークツリーがあります。

1m程の苗木を植えて今年で7年目になります。

しかし5年経っても花は殆どと言っていいほど咲きません。

木だけグングン伸びて行き夏になると葉がうどん粉病で白っぽくなり

見た目も良くないのです。

そこで昨年の秋に伸びた枝を思い切り良くバッサリと切り

全体をコンパクトにしました。


そして、これで来年花芽が付かなかったらもう処分しようと思ったのです。

sIMG_9936.jpg

 咲きました!


  sIMG_9941.jpg

  今年やっとスモークツリーらしくなりました!


  やっぱり植物ってちゃんと心の声を聞いているんだなと確信したのです。

  前回アップしたモッコウバラは東京の家で鉢植えにして6年目頃に
  幹だけ太くて花付が悪くなった頃がありました。

  このときもこんな狭い所にもう無理なのかな~来年の様子では処分しようか?

  と思っていたら次の年はまた沢山花がさいたのでした!


  植物って同じ所でじっとして物も言わないけれどちゃんと意志があってこちらの

  考えていることはみんな分かっているんだな~と。

  なので中々花が咲かない植物には切っちゃうよ!って脅かす事にしています(笑) sIMG_9945.jpg

今我が家の庭はラークスパー(チドリソウ)が満開です!

そして今朝その中に植えてあるタチアオイに花が2輪咲いているのを発見!

って事は梅雨入り間近でしょうか?


   sIMG_9944.jpg


 (タチアオイは梅雨の花 梅雨入り頃に咲き始め梅雨明け頃に咲き終わるから。)


nice!(29)  コメント(16) 

モッコウバラ [花]

5月、周囲は爽やかな緑に包まれ過ごし易い日が続いています。

我が家の庭は只今モッコウバラが満開に!

 sIMG_0055.jpg

 安中市に移住して早や10年その前に東京で育てていたので20年の

 月日が経っているモッコウバラ。

 ともかく丈夫です。殆ど肥料を与えていないのにこんなに元気!

 去年の秋にアーチに絡まっていたというより食い込んでいた太い枝を

 だいぶ切ってコンパクトにしたら新しい枝が沢山伸びてこれこの通り!

 

 他のバラと違って手間のかからないモッコウバラですが泣き所が。

 それは散り始めると辺り一面褪色した花びらが散って掃くのが大変!

 なので私は花びらが枯れかかってきたら早めに剪定を兼ねて切っています。

 sIMG_0056.jpg

 毎年こぼれ種で出てくる矢車草も5月の花

      sIMG_0057.jpg

      クレマチス

sIMG_0058.jpg

カトリーヌ・ドュプレ

今年は沢山蕾が付いてこれからどんどん咲いてくれそうです。

 

    sIMG_0060.jpg

   物置の北側には手前フウチソウ

   頂いて4年目のエビネランはやっとここを居場所と

   認識してくれたようで去年より花が沢山咲いています^^

sIMG_0053.jpg

カモミール


 sIMG_0067.jpg

 この時期限定のフレッシュカモミールティのために

 ポットのお湯の中のカモミールお風呂に入っているみたい^^


   中古でいいからマクロレンズのいいのがついた一眼レフカメラ欲しいな~


nice!(37)  コメント(17) 

芝生の秘密 [花]

 我が家の芝生はまだら模様になっています。

 何故(・・?

  

 sIMG_0047.jpg


  その原因は[右斜め下]

    

    sIMG_0045.jpg

    ハイ、原因はこれです(-_-;)

 植物が育つのに必要な3大栄養素はチッソ リンサン カリですよね。

 チッソは植物の葉 茎 リンサンは花の色や実 カリは根

 それぞれの栄養源としての役割があります。

 マーブルは毎朝私を起こして芝生に行きシーをします。

 それこそが青々とした芝生の栄養源チッソそのものなんですね~。

 なんとなればシーはご存知アンモニア

 アンモニアは窒素の原料みたいなものです。

 な訳で毎朝マーブルはせっせと芝生に栄養を与えているんです。


 しかしこれには落とし穴がありそのままだと強すぎて芝生が

 枯れてしまうのです!

 実は我が家の芝生は本来ドッグランなので先住犬のラック、アヤメも

 皆芝生で用を足していました。

 そのため中心が枯れてドーナッツ状になり10年経って悲惨な状態に

 なりました。

 そこで思い切って昨年の3月に芝生の総入れ替えをしました。

 今度は折角植え替えた芝生を枯らさぬようバケツにアンモニアを中和する

 木酢を水で薄めてマーブルの後を付いてすかさず流すようにしました。

 結果がこのマダラ模様でした(笑)


  sIMG_0048.jpg

クリスマスローズも盛りが過ぎて濃い紫だったのが色褪せて

種が付始めて来ました。



   sIMG_0051.jpg 


 sIMG_0052.jpg

 濃い紫が褪色してしまったクリスマスローズですが微妙な色が

 なんだか魅力的です!


nice!(28)  コメント(12) 

ライラックが咲きました! [花]

庭のライラックの花が開花しました。

 sIMG_9960.jpg

 冬の間に剪定して有機肥料を施した成果が出たようで今までで一番

 花房が大きく花数も多い。


    sIMG_0001.jpg

    ライラック、フランス語でリラ、大好きな花です。

 越して来て間もない頃近所のお庭のライラックのひこばえを頂いて

 7年位経つでしょうか?

 幽かな風にのって仄かに香りが漂って来ると幸せな気持ちになります!


 sIMG_0009.jpg

 鉢植えの花も満開

  

   sIMG_0010.jpg

 前の記事で名前が分からないと紹介した黄色い花の名前が判明。

 ドロニカムという名前でした。

 どんどん新しい品種が出て来るので覚えきれません;



   sIMG_0011.jpg

   ジャズという名前の水仙


   sIMG_0003.jpg

  去年頂いたタイツリソウの花が無事開花

  


  sIMG_0004.jpg

  イカリソウが傍らにひっそりと咲いていました。

 タイツリソウにくっついてきたのを忘れていた、ごめんね!


    sIMG_0014.jpg

    ロックガーデンのクリサンセマム・アフリカンアイ

 植えてから5年経つかしら?毎年株が大きくなって花付も凄く良い!

 同じ時期にピンクの花も植えたがこちらはいつの間にか消えてしまった。

 よその家でもアフリカンアイの大株を見かけたがピンクは見ていないので

 どうやら同じクリサンセマム・アフリカンアイでも白花の方が丈夫なようです。 

nice!(22)  コメント(18) 

峠の釜めし&桜 [風景]

10日は朝から季節外れの雪が一日中降りましたが春の雪ですね~

翌日はすっかり消えてしまいました。

11日午後の整体の予約を取らずに近場に桜を見に行く事に。

目的地は眼鏡橋の下にある碓井湖です。


sIMG_9870.jpg

国道18号沿いの右側は高崎~横川間を走る信越本線の線路です。

この道は峠の湯という温泉に行くのに毎週通る道で走行する電車を

見かける事は少ないのですが・・・

3月のある日温泉に向かう途中忽然とピカピカの美しい特別仕様の列車が

横川方面からやって来るではありませんか!

何!あの列車!!

アッという間に横を通りすぎる列車。

夫と顔を見合わせ今確かに通りすぎたよね~

それとも 幻~か?

後で調べたら豪華寝台列車の 四季島 でした!

熱海方面からやって来て高崎~横川間をSLに乗り換え横川から

また四季島に乗って観光するというツアーだったようです。


しばらくすると、こんな看板が見えて来ました。

sIMG_9876.jpg


sIMG_9877.jpg

全国駅弁大会で不動の上位を保つ峠の釜めしのおぎのやドライブイン

碓井湖の桜の下で釜めしを食べようと店内に入りましたが

夫がラーメンの方が良いという事で私は釜めしを買ってイートインで

食べる事にしましたが後でこの判断は良かった事が判明します。


  sIMG_9875.jpg

 懐かしい!昔と変わらぬ器とお味。変わったのはお値段。

 横川駅で停車すると窓から身を乗り出して弁当売りのおじさんから

 買っていた頃は確か500円だったか?

 今では1080円です。

 あの頃の少女も今ではすっかり変り果て・・


 sIMG_9884.jpg

 旧中山道の坂本宿

 幕末の安中藩でお侍の鍛錬のために遠足を行い

 この場所を走り抜けて行ったそうです。

 今でも5月に遠足マラソンと言ってランナーがお侍やらキャラクターの

 仮装をして史実の場所をランナーが走るイベントがあり

 大いに盛り上がるそうです!

 サムライマラソンの映画にもなりましたがロケ地はすべて

 青森だそうで、せめて妙義山の威容をバックに入れてもらいたかったな~。

 

 この先に煉瓦造りの通称眼鏡橋がありそのすぐ傍に碓井湖があります。

 到着すると、桜が咲いていないというより桜の木が無い!

 湖=桜は当方の思い込みでした(-_-;) (ちなみに秋の楓の紅葉が見事らしい)

 なのですぐさま車をUターン

 おぎのやドライブインで釜めしは正解でした(笑)

 先ほど通った坂本宿にある安中市の公共施設峠の湯に直行

sIMG_9887.jpg

5年前だったか厨房から失火して火事になりリニューアルして

施設がきれいになったので毎週木曜日は我が家の温泉の日です。

安中市民は割引チケット600円→400円で利用できます^^

sIMG_9890.jpg

施設内は散策するところもあり10日に降った雪で白くなった妙義山が

すぐ傍らに聳えています。


 sIMG_9907.jpg


 sIMG_9916.jpg

 水の苦手なマーブルは池をチラミ


        sIMG_9912.jpg

        水芭蕉が咲いていました。

 sIMG_9894.jpg

 ここは時々連れてきてもらえるの。

    sIMG_9905.jpg

    早くボール投げて!

 碓井湖の桜はあてずっぽうで失敗でしたが温泉の帰り道にとっておきの

 スポットがあるのでそこに行く事にします。

sIMG_9920.jpg

畑の向こうに桜が満開になっているのが見えて来ました。

農道の中を進んで行きましょう。

sIMG_9929.jpg

菜の花とレンギョウと桜の饗宴です!


sIMG_9933.jpg

菜の花と桜の香りがするわ。

sIMG_9941.jpg

里山と桜の風景 遠くに見えるのは上毛三山の一つ榛名山

sIMG_9946.jpg

カメラで撮影している人達がいました。

そう言えば下の方にバスが停まっていたなと思い

どちらから?とお聞きしたらカメラ教室で東京から来たとの事。

ビックリ!この桜は土地の所有者が個人的に植えたそうで地元の人も

知らない人が多い場所なのに!

撮影していた女性が凄く素敵な場所だと感激していました。

私達も去年近所の方から教えてもらい静かでひっそりとしたこの場所が

大好きになりました!

sIMG_9949.jpg

そろそろ田植えの準備がはじまるようです。

   

nice!(34)  コメント(28) 

早春の庭 [花]

 3月も今日で終わり、明日から4月。

 そして、新しい元号がもうすぐ発表されます。

 昭和はどんどん遠くなってゆくのです。


 世の中はどんどん新しくなって行きますが我が家の庭の花達は

 そんな事に関係なくお天気次第。

 何時もの場所で暖かいお日様と地面を潤す雨を待っています。

sIMG_9847.jpg

ヤマボウシの木の根元にはクリスマスローズ クロッカス


  sIMG_9846.jpg


  去年植えた雪割草も

    sIMG_9844.jpg

    

    タイツリソウの新芽も

    宿根草のタイツリソウですが今まで植えた場所はいつの間にか

    消えてしまったので去年頂いた苗をヤマボウシの下に植えてみた。

    場所を気に入ってもらえるかな?

    sIMG_9860.jpg


    プルモナリアも蕾を抱えて新芽が出てきました!

    sIMG_9864.jpg


 同じプルモナリアでも南側のロックガーデンに植えたものは今花盛りです。

 こちらは一日中日当たりが良いのでこんなに開花の差が出てきます。

 プルモナリアはどちらかと言うと半日蔭を好むのですが咲く時期が早いので

 乾燥したロックガーデンでも大丈夫なようです。

 

 sIMG_9873.jpg


   ロックガーデンのオキナグサ 

   かれこれ7年ぐらい前に植えた?

   毎年この場所で咲いてくれるのが嬉しい^^


   sIMG_9868.jpg


         sIMG_9855.jpg

         バイモ

   薄緑の花とくるくるした触角のようなヒゲが楽しい!


   

   ミニ水仙のテイトティータと空色のムスカリ

   sIMG_9877.jpg



   sIMG_9871.jpg

   ハナニラ

   sIMG_9857.jpg

   名前が分からない花

   去年の春買って鉢に寄せ植えにしていたのがそのまま冬越しして

   元気に咲きだしました。

   昔からある花の名前はわかるのだが最近新しく出てくる花はラベルを

   とっておかないと!

   

nice!(38)  コメント(18) 

群馬県立館林美術館 [風景]

19日(火曜日)かねてから行って見たいと思っていた

館林美術館に夫と行ってきました。

館林と言うと猛暑で有名です。

夏になると埼玉県の熊谷市とどっちが暑いか競い合っていますね。

群馬県には上毛カルタと言うのが有りその中に「ツ」鶴の形の群馬県

という札があります。

その鶴の首の先にある顔に当たる部分が館林市で私が住んでいる安中市は

鶴が羽を広げた脇の辺りに位置します。

という事は両市はかなり距離があるんですね。

遠いな~と思ったのですが館林美術館はちょっと気になる展示を何時も

やっているので今回夫に頼んで連れてってもらいました。

sKIMG0065.jpg

家から2時間で到着!

想像以上に巨大な美術館だった!

思わず維持費大変だろうなって思ってしまいました。



  sKIMG0078.jpg

  美術館手前の建物はレストランとミュージアムショップ

  回廊で美術館本館につながっています。


   sKIMG0079.jpg

 sKIMG0066.jpg



      sKIMG0076.jpg

    今回はこの企画 エキゾチック×モダン


 フランスで花開いたアールデコの作品の数々が展示されています。

 宝飾品 家具 衣裳 絵画 彫刻 どれも素晴らしく魅力的でした!

 例えば、コンパクト、口紅ケース シガレットケースのような物も

 漆、貝 エナメルなどの技法を駆使して美しく思わずウットリ!

 ルネラリックのガラスの作品、ポスターのシンプルでお洒落なデザイン等

 館内は東京の美術館のように混んでないのでゆっくり観賞できます。


 そして、展示物の中に 朝香宮妃殿下のブロンズ像があったのでビックリ!

 朝香宮と言えば白金台にある東京都庭園美術館の元の持ち主なのです。

 庭園美術館はアールデコ全盛期のパリに三年間滞在した夫妻が日本に帰って

 住居を建てる際に妃殿下がアールデコ様式を取り入れたそうですが

 上品で洗練された内装は妃殿下の人柄を偲ばせます。

 パリの社交界でも東洋の貴婦人として花形だったのでしょうね。


 庭園美術館がオープンして間もない頃友人と行った際に館内に

 いらした年配の男性が各部屋の説明をして下さりその時に聞いたお話です。

  sKIMG0073.jpg

 本館の左の建物は彫刻の展示室です。

 ご覧のようにともかく敷地も広く駐車場から美術館までけっこう距離があり

 夏は歩くのが暑そう!

 周囲には彫刻の小径という遊歩道がありその先には多々良沼という遊水地が

 あるそうでこれからの季節桜や木々の新緑が美しいのでしょう。


 国道354が広くきれいになったから館林行きやすいよ、という地元の方の

 情報で走ったものの関東平野の真っ只中変化のない殺風景な道を2時間は

 気分的に疲れるものがありました[ふらふら]

 なので帰りは太田桐生~高崎間は高速道を利用しましたがそれでも30分程

 短縮した位なので今度館林に行くときは一日がかりで

 周囲の散策も楽しんだ方が良さそうです。

 でも、ドライバーさんが[決定]してくれるかな?

nice!(26)  コメント(10) 

ラッパ水仙が満開に [花]

もうすぐ春分ですね!
陽ざしも日に日に伸びて寂しかった冬の庭も春の気配が・・


sIMG_9841.jpg

 ラッパ水仙も満開に



   sIMG_9842.jpg

 プリムラマラコイデスも冬の寒さに耐えて一斉に咲きだしました。

 数ある桜草のなかでもこのマラコイデスは私の子供時代から親しんで

 きた懐かしい花です^^


 



   sIMG_9840.jpg

   モッコウバラの根本にいつの間にかクロッカスが!

   この場所に球根を植えた記憶が無いのですが。

   おそらく古くなった鉢の土をこの場所に捨てた時に

   球根が混じっていたんだと思います。

   でも思いがけない所に咲いている花をみると

   何だか嬉しくなります!

nice!(33)  コメント(24) 

眼鏡橋 [風景]

先日、新聞に花柳幻舟さん転落死という記事がありました。

そう言えば以前花柳流家元を刃物で切り付けたり何かと世間を

お騒がせしていたっけな~と。

華やかで綺麗な人だったと思います。


たまたま4日(月)私の友人が東京から泊りがけで遊びに来ていて

眼鏡橋の周辺を案内しようと思っていたのですが何と幻舟さんは

その眼鏡橋から転落死したとの記事でした。


昨日五日友人と眼鏡橋に行って来ました。


sIMG_9826.jpg


   sIMG_9831.jpg

   

 通称眼鏡橋と言っていますが正式な名称は現在、碓井第三橋梁です。


sIMG_9832.jpg

現在旧信越線横川駅から熊野平駅間をアプトの道として

歩けるようになっていますが眼鏡橋はその途中にあります。

その間10カ所のトンネルがあります。


 sIMG_9819.jpg

 幻舟さんはこの橋の上から身を乗り出してデジカメで下を写している際に

 誤って下の遊歩道に転落したようである、何故なら傍らにあったカメラに

 橋の下が写っていたからとの記事でした。

 橋の高さは下の遊歩道を歩いている人物と比較してみて下さい。


 sIMG_9830.jpg

 橋の上の友人と夫が戻って来て二人が言う事には・・

 橋の上から身を乗り出して写真を撮るには橋の手すりの

 位置が高すぎて不自然だと。


 新聞の記事によると幻舟さんの年齢は77歳、住所不明とありました。

 華やかだった過去には戻れない、すべてこの世は夢幻。

 ご自分でこの世の幕引きをしたんじゃないか?

 と思った私達でした。

 幻舟さんのご冥福をお祈りいたします。


 眼鏡橋の次に向かったのは妙義山の麓にある妙義神社です。

 sIMG_9837.jpg

 奥に見える本殿に向かう石段は165段あり昔のままで段差もまちまち

 幅も狭かったりと上り下りが大変です!

 手すりもついていないので逆に昔のままの石段としてNHKの大河ドラマの

 ロケに2回使われたそうです。

  sIMG_9835.jpg

  苔むした石灯籠

     sIMG_9834.jpg

  今回私は左の膝の半月板を痛めて階段の上り下りはパスしています。

  鳥居の先に本殿に行く165段の石段が待ち構えています。

  写真の二人は勿論鳥居のところまでです(笑)


  久しぶりに会った友人も温泉も良かったし道の駅で買い物も出来て

  とっても楽しかった!と帰って行きました!

nice!(30)  コメント(13) 
前の10件 | -