So-net無料ブログ作成

ムツミンファームの苺は最高! [料理]

ログ友青森のmutuminさんから今日苺と野菜が届きました[るんるん]

陶芸家であるmutuminさんのもう一つの顔は・・

有機栽培の野菜を多種栽培している農園の主でもあります。

  

  sIMG_9272.jpg


  苺、この色をご覧ください!
  すっごく濃い赤をしています。

  届いた時、夫のゴルフ仲間が整体に見えていました。
      終わって3人で早速苺を食べました。

  「美味い!甘さと酸味のバランスが良く味が濃いね」

  夫はなんかベリーって感じがする、と言います。
      つまりラズベリーなどの仲間って表現でワイルドな味。
   甘さを追及した寒い時期の苺とは一味違うという事で
   3人の意見は一致しました!

sIMG_9271.jpg

サラダ菜2種とサンチュ、ラデッシュとバジルも一緒に届きました。

鶏肉のローストの付け合わせにオリーブオイルと香草塩で。
柔らかいのですがお味がしっかりしています。

それからとってもいい香りのバジルが入っていました。
レモンバジルという種類だそうです。

明日のお昼のピザのトッピングに使うのが楽しみです^^


mutuminさん、丹精込めた苺とお野菜有難うございました! 


北の国からの贈り物 [料理]

今日21日は冬至ですね!
この日青森のログ友mutuminさんから
とっても嬉しい贈り物が届きました。

それは・・こちら[右斜め下]です^^

sIMG_8825.jpg

mutuminさんが丹精込めて作った野菜でした!
冬至と言えばカボチャ
私の母は冬至の日はカボチャと小豆の煮ものを作ってくれましたっけ。
私は早速夕飯にプッチーニカボチャを器にグラタンを作ってみました。

 sIMG_8832.jpg

 カボチャをレンジで2分少し柔らかくしてヘタの部分を カットして
 種をくり抜き中にハムとマッシュルーム、玉ねぎのグラタンを詰めて
   蓋をしてから蒸しました。

 sIMG_8829.jpg

 そしてこちら、紅芯大根と言うそうです。
 その名の通り切ると鮮やかな紅色が現れました!
   sIMG_8830.jpg

 こちらは、昨日友人から頂いたご主人が作ったベーコンです。
  塩とハーブに漬け込んだ豚バラ肉をしっかりスモークして乾燥
  させた本格的なベーコンです。
  このベーコン本当に美味しい!

 sIMG_8833.jpg

 紅心大根は生で緑のパプリカはオリーブオイルで焼き
  黄色のニンジンは歯ごたえを残して茹でレモン汁とオリーブオイル
  クレイジーソルトで合えてカリカリベーコンとカマンベールチーズ
  のサラダです。

 mutuminさん本職は陶芸家です。
 合間に有機栽培でお野菜を試行錯誤しながら様々作って
   その様子をブログで拝見していつも思うのですが
  すごく頑張り屋さんでアイデアウーマンなんです!
   頂いたお野菜は青森の大地が凝縮したような濃いお味でした!
 丹精込めたお野菜ありがとうございました。

 そしてお野菜と共に入っていたものがもう一つ。
  sIMG_8826.jpg

 むつみ窯の来年の干支の可愛い鶏のお守りでした。
   これも嬉しい!

  夫の分と2個入っていました。
  来年になったら早速お財布に入れますよ~
  少しでも中身が増えるといいな^^

 この小さなお守りを沢山作って台紙もデザインして
 ラッピングして気の遠くなる作業をしているのね。
 他にもまだまだ制作しながらね~

 mutuminさん、あなたは本当にスーパーウーマン!!


  
  


柿の葉寿司 [料理]

久しぶりに秋晴れの朝遊歩道沿いにある柿の木の1本が他より早く
紅葉していました。

sIMG_8504.jpg
一昨年あたりから木々の紅葉が早くなっているように思います。
街路樹のユリノキは紅葉というより枯葉状態ですでに半分くらい
落葉していますし。

7年前ここに住み始めた頃は10月の終わり頃から木々の紅葉が
始まり11月頃が見頃だたのですが・・
気候条件が少しずつ変わっているのを実感します。
それにしても柿の葉の紅葉じっくり見れば見る程美しい!
  sIMG_0207.jpg

そして、紅葉した柿の葉でこんな物を作りました。
 sIMG_8499.jpg
        sIMG_0208.jpg

       柿の葉寿司です。

  毎年早くなるような落ち葉、道路や庭の落葉掃きが
     日課になってきました。
     さて、ある日の事夫が庭の落葉掃きをしてくれました。

 sIMG_8503.jpg

 こんな形になっていた!
   昔、結婚したばかりの頃だったら
  まあ!私の為に、と感激した事でしょうが(笑) 

 時が経てば夫も思い付きでこんな形に落ち葉を集めただけで。
   私は私で後でゴミ袋に入れましょう、と思っているうちに
   また風が吹いてせっかく集めた落葉はまた庭中に散って行きました。
 
 


青パパイヤ [料理]

家から一番近い農産物直売所に行ったおり
珍しい物が売っていた。
 sIMG_8496.jpg

 沖縄産青パパイア
   右の柑橘類は頂き物のスダチとカボスです。
   同じ色だったのでなんとなく並べて見ました。

 パパイアを見つけた時は(@_@)
   思わず雛にはまれな、って(ちょっと対象が違いますが・・)
   だって、ここの農産物直売所の名前は
  「 田舎の八百屋」です。
   ほとんどが近くの農家さんが季節の野菜を持ち寄って販売しているので
   トマト、キュウリ ナス インゲンなど新鮮な野菜が安く手に入る所です。
   なのでパパイアが店先に出ている事自体とっても珍しい!

 パパイアを目にした瞬間かれこれ20年程前に友人と行ったベトナムの
   ベトナム航空の機内食で食べたパパイアのサラダを思い出した。
   美味しかったのだ。
    一個220円で安い!迷わず買いました。

  sIMG_0205.jpg
     ベトナム料理と言えばパクチー
     しかし我が家にはパクチーと言った途端飛び上がらんばかりに
     嫌がるお人がいます。
     で、代わりに庭の隅っこに植えてあるイタリアンパセリーを
     彩りに使う事にしました。
  調味料は青唐辛子とニンニクをすり潰して砂糖、ナンプラーと
     ライムの代わりに先ほどのスダチを使います。

  今都会ではパクチーブームらしいですね。
     夫はテレビでその様子を見てなんだか悪態をついていました(笑)
     ナンプラーもパクチーもタイ語でベトナムではヌクマム、
     パクチーはなんていうのでしょう?

  さて、パパイアは千切りにして先ほどの調味料にしばらく漬け込み
     蒸し鶏と柿の実、イタリアンパセリーと和えて食します。
     ベトナムに行った際買ってきたバチャン焼きのお皿が久しぶりに
  日の目を見ました。

 sIMG_8497.jpg

 さて、夫はキッチンで青い葉っぱをちぎっている様子を怪しんでいたらしく
  「これ、何?パクチーじゃないよね?」
   パクチーの匂いがしていないけど警戒したらしい。
   美味しかった!と言ってくれたのでホッとする。

 もうかれこれ25年程前池袋の雑居ビルにベトナム料理という
   看板を見て夫と入ってみた。
   客は私達二人だけで美味しかったけどチョッとクセのある味だった。
   その後また行ってみたらオーナーが代わっていて
 お店も 明るい雰囲気になって料理も親しみやすく種類も増えていた。
   それからは何度となく夫の友人達やみんなで足を運びました。
   何度も行ってそろそろ飽きたのでしばらく遠ざかっていた。
   そして、ある日久しぶりに店に行ってみたらとっても混雑している。
   テレビで紹介されたらしい。
  オーナーもまた代わっていたしメニューも変わっていた。
   それ以来その店には行っていない。

 不思議なのはそのころ夫は生春巻きなどにパクチーが入っているのに
   しっかり食べていたので「前は食べていたじゃない?」と言うと
  「 若かったから何でも珍しくて食べた。今は食う必要が無い」でした。

  sIMG_0204.jpg

  遊歩道に植えてある柿の木の紅葉が美しかったので集めて来ました。
      ついでに柿の実も一個。
      これは先ほどのパパイアのサラダに入れて食べました!
      そしてこの柿の葉はある料理に使われました。
  次回は柿の葉の料理ご紹介します^^
   
    
     
    


今が旬 [料理]

6月梅雨の季節です。
里山にある住宅街の一角ではニョキニョキこんな物が
 sIMG_8317.jpg

 真竹(まだけ)のタケノコです!

 sIMG_8318.jpg

 竹藪に入ってタケノコを採っています。
 春先の孟宗竹と違って地上部に出たタケノコを手でポキッと折って
   採るので道具もいらず誰でも簡単に採る事が出来るんです^^

sIMG_8321.jpg

 採れたタケノコは皮をむいたらあ く抜きをせずに
 すぐに調理出来るので便利です。
 

     sIMG_8323.jpg

     この日は水煮の鯖缶と一緒に煮て夕飯の一品に。

   すぐに食べない時はタケノコの皮を剥いて15分程塩ゆでにして
         茹で汁と共に冷まして冷蔵庫で保管します。

sIMG_8375.jpg

 お客様から青梅を頂ました。
   去年初めて梅干しを作ったら美味しくできたので今年も
   梅干しを作る事にしました。
 和歌山に続いて梅の生産量が多い群馬県ですが
   私の住んでる安中市周辺は特に梅林が多い場所でもあるのです。
   
  

sIMG_0088.jpg

 新じゃがと新玉ねぎをあちこちから頂きました。
   どちらも必ず常備しておきたい野菜なのでとっても嬉しいです^^
   最初は誰それさん家のジャガイモと玉ねぎなどと料理していますが
   そのうち一緒にになってどれが誰のかわからなくなってしまいますが
   採れたての野菜を頂けるのは本当に有り難い事です。  


古民家パン屋さん [料理]

先日かねてから気になっていた古民家のパン屋さんに行ってきました。
まずは友人の車でもう一人の友人を迎えに行きます。
その友人の家に到着すると
sIMG_8058.jpg

咲き誇る花木が目に飛び込みました!
花桃の濃いピンク、黄色のレンギョウ 雪柳、杏子の花 赤とピンクのボケ
幸せな気持ちになる風景です。
sIMG_8074.jpg

関東では珍しい白花タンポポも咲いていました。
sIMG_8056.jpg

目的のパン屋さんに到着
築100年程経った養蚕農家の建物だそうです。
sIMG_8063.jpg

 「おやつ屋 マナペコ」さんです。
 普段はケーキ、焼き菓子 パンの注文販売ですが金曜日、土曜日は
   11時から対面販売をしています。
 店内に入るとまず雑貨が置いてあります。

sIMG_8071.jpg

  店内です。
sIMG_8064.jpg

sIMG_8072.jpg

sIMG_8069.jpg

焼きあがったパンが並べられて行きます。
一番奥はシナモンロール、その手前は女王様のメロンパン
どちらも通常のパンより大きくてボリュウムがあります。
女王様のメロンパンはフレッシュのレモンをたっぷり使っているとの事。
レモンパンか?
手前の食パンは湯捏ねという方法で作っているそうでズッシリしていました。

 sIMG_8091.jpg

 クルミとレーズンのライ麦パン、湯捏ねの食パンを翌日の昼食に。

 sIMG_8093.jpg
 食パンはもっちりと噛み応えがありクルミとレーズンの
   ライ麦パンもかみしめるとじんわり美味しさが口の中に
   広がって行きました!

 女王様のメロンパンレモンの香りが爽やかでとっても美味しかった!

   ホームセンターに食用のパンジーとして苗が売っていたので試しに
   買ってプランターで育ててこの日初めてサラダに散らしてみました。
   彩りが華やかになって食べるのが楽しみです!

  sIMG_8092.jpg

 さて、食用のパンジーお味の程は?
 ウン?特にこれといって特徴のあるわけではなく花びら食べてるな~
 っていったところでしょうか?
 

 エデブルフラワーと言われている食用の花ではナスタチウムが有名ですね!
   葉も花も青い実も全部食べられるので知られています。
   ジャパニーズエデブルフラワーだったら、なんといっても食用菊でしょうか?
   私も庭に黄色い食用菊植えてあります。
   山形県では「もってのほか」とい薄紫の食用菊が有名です。
   エデブルフラワーと言えば以前あるハーブガーデンで食べたサラダになんと、
 桔梗の花が入っていました。
 エッ、と思いましたがほんのり甘く美味しかった記憶があります。
   人間って何でも食べてしまうんですね(@_@)

 そのご、我が家のパンジーは食べられる事もなくプランターで無事
   毎日を過ごしています((笑))

 マナペコさん一家はお父さんが画家、お嬢さんがケーキとパンを焼いて
   お母さんは販売担当をなさっています。

 sIMG_8067.jpg

 こちらはクッキーの家
   記念日やプレゼントの為のケーキや焼き菓子は注文で様々な
   要望に応えて作ってくれるんですって。
   お嬢さんは製菓学校で勉強したので専門はケーキ全般で、
   パンは独学だそうです。

     sIMG_8068.jpg

     そして、お嬢さんはこんなイラストも描いたりと多才な方です!

  里山の一角の古民家のパン屋さん、
  とてもあったかくてお洒落で美味しくて 素敵でした。
      どんな所にあるのか付近の写真を撮ってなかったのが残念!
      そして、車を運転出来ない私をいつも連れて行ってくれる
      友人達に感謝、です!  
 

     
   
  


干し柿作り [料理]

友人から大きな柿を頂ました。
ただし渋柿なので干し柿か渋抜きをしないと食べられません。
初めての干し柿作りではありません。
以前干し柿を作りませんか?と柿を沢山頂いた事がありました。
確か10月の初め頃だったような記憶があります。
こんな早い時期に干し柿作るのかな?と思いつつ大きいとは言えない柿を
一生懸命に向いて吊るしたのですが生憎雨の日が続いてものの見事に
青かびが生えて失敗しました。
下さった方もカビが生えてダメだったそうです。
やはり時期的に早かったんですね。
今回は秋の日差しがたっぷりとしたお天気続きだったので
sIMG_7670.jpg
10月28日 
  sIMG_7669.jpg

  sIMG_7714.jpg

 11月10日 約2週間で食べごろになりました!
   周囲の木々もだいぶ色づいていますね。
     こんな感じに仕上がりました。
  sIMG_7717.jpg
    干す事によって甘さがギュッと濃縮されて
     とっても美味しい干し柿が出来ました^^
    お日様の力は偉大です。
    今回は大成功!

 sIMG_7704.jpg
  原型はこちら ハチヤ柿という種類です。
  5個だけ焼酎をヘタのあたりに塗ってポリ袋に密閉しておくと
  1週間程で渋が抜けて甘くなります。
  
   sIMG_7713.jpg
  こちらもトロリとしてとっても美味しくなりました。
  ちなみにこの柿をくれた友人は熟した柿や干し柿は嫌いで
  固くて甘い柿が好きなんだそうです。
  ならば来年もよろしく、とお願いしておきました^^
sIMG_7703.jpg

直売所で売っていた観賞用のカボチャを何気なくキッチン脇のサイドボードに
置いてみたら明るく楽しい雰囲気になりました。
右の方にあるのは遊歩道に植えてあるマルメロの実が熟して落ちていたので
拾ってきました。とっても良い香りがします。
この中に我が家で採れた坊っちゃんカボチャが一個だけあります。
冬至に食べようととってあるのですが中がスカスカになってないか心配!

sIMG_7751.jpg

こちらの大きい方の柑橘類は一昨日夫の宮崎の友人がお米や漬物と
一緒に送って来てくれたものです。
小さい方はお客様から頂いたカボス。
箱の内側に「黄色はじゃがたろ酢」とだけ書いてありなんの事か分からず
夫も初めて見るとの事、とりあえず半分に切ってみました。

   sIMG_7753.jpg

   ちょっと、舐めてみると酸っぱい!!
    お礼の電話でこの柑橘類の名前を聞くと箱に書いてあるじゃがたろ酢
        との事??な名前です。
        宮崎出身の夫は見たことも聞いた事もない、と言っていました。
        そして夫が言うのには宮崎ではちょっと悪いものに太郎をくっつける表現があるそうで
   この柑橘は見た目がゴツゴツしてジャガイモのようなパッとしない外観なので
       じゃがたろと言われているんだろう、いわゆるご当地物ですね^^
       そして果実を絞ったものをじゃがたろ酢というのではないかという結論になりました。
       それから、宮崎ではカボスの事をヘベスというそうです。
       その土地によって言い方が様々あるんですね。
       皆様の中にこれ知っているという方がいらっしゃるでしょうか?
       じゃがたろ酢は酢の物、サラダ、寿司飯等食酢の変りに利用していますが
      優しくまろやかな 味でとっても重宝しています。 
       


ハヤシライスを食べに [料理]

たまたま、テレビで見てハヤシライスを食べに前橋にある群馬会館に行って来ました。
sIMG_7073.jpg

この建物は昭和5年群馬県初の公会堂として建てられたそうです。
ちなみに道路の向かい側は県庁の昭和庁舎部分で現在はイベントなどに使われています。
左側の建物が現在の県庁庁舎です。
sIMG_7069.jpg
只今イベントとして群馬県にゆかりの大河ドラマ 花燃ゆ のドラマ館が
内部に出来ているようですがあまり興味なかったのであちらはスルーです。

sIMG_7068.jpg

sIMG_7056.jpg

昭和5年創業のレストランは群馬会館の地下1階にあります。

sIMG_7060.jpg

店内は創業当時の昭和モダニズムを感じさせる内装で落ち着いた居心地の良い空間です。

sIMG_7059.jpg

sIMG_7064.jpg

じっくり煮込んで柔らかくジューシーな群馬産の牛肉にちょっと甘目な
ソースは昭和5年創業当時からのお味だそうです。
前橋と言えば日本近代詩の父と言われる萩原朔太郎の出身地でもありますが
この群馬会館食堂に朔太郎も小粋なスタイルで食事に来たのかな~などと
想像しながらハヤシライスを頂ました。

ところで、このハヤシライスという料理を考案したのは日本橋丸善の創始者
早矢仕有的(はやしゆうてき)という人であるという事は有名です。
もう15年程前になるかもしれませんが日本橋丸善の屋上にあったレストランに
夫とハヤシライスを食べに行った事があります。
本家ハヤシライス期待していたのですがデミグラスソースが案外あっさりしてちょっと
肩すかしを食った感じの印象で、夫いわく、ヨーコの作ったハヤシライスの方が美味しい、
と申しました。
で、おそらくこのハヤシライスのお手本はハッシュドビーフでまだ西洋料理が珍しい頃に
日本人が簡単にそれらしいお味に仕立てたのでは?という私達の結論になりました。

現在は日本橋丸善の屋上にレストランはないようです。
その代り3Fのカフェのメニューにハヤシライスがありましたが写真で見た所私達が以前食べた
ハヤシライスより高級感があります。
現代人は皆舌が肥えているのでもしかしたらお味も変わっているのでは?
今度機会があったら確認しに行かなくては!

付けあわせのサラダも新鮮で美味しい!
だけど、創業当時は野菜も今ほど多種多様に無かったはずなのでどんな
ものが取り合わせてあったのかな?
sIMG_7065.jpg

ハヤシライスというひびきは昭和の洋食を代表しているような気がしていましたが
日本橋丸善は明治5年の創業だそうですの明治時代から食べられていたんですね~

前橋の群馬会館レストランはレトロで上品で素敵でした。


夏ミカンピールとフルーツケーキ [料理]

先日お客様から庭で採れた夏ミカンを頂きました。
無農薬という事なので早速新鮮な皮を利用して夏ミカンのピールを
作ってみました。

sIMG_6098.jpg

sIMG_6099.jpg

皮は細く切って3回茹でこぼして苦味を抜きます。
今回の夏ミカンは白いワタの部分が少なかったのでそのまま利用しました。
ワタが厚い時は包丁で削いで使います。

sIMG_6102.jpg

茹でこぼした夏ミカンの皮はひたひたの水とお砂糖を何回かに分けて入れ
ストーブの上のお鍋でグツグツ煮詰めてゆきます。
約3時間程でピールが出来上がりました。

sIMG_6107.jpg

果汁はとても酸っぱいので蜂蜜たっぷり入れて熱いお湯を注いで
ホットジュースで頂きます。
クエン酸効果バッチリで疲れも吹き飛びますよ!

     sIMG_6101.jpg

先ほどの夏ミカンピールを細かく切ってラム酒と赤ワインに漬け込んでおいた
レーズンに混ぜ込み久しぶりにフルーツケーキを焼いてみました。

sIMG_6111.jpg

たっぷりの漬け込みフルーツの入ったケーキはずっしりとしています。
計ってみると750gありました。
sIMG_6109.jpg

このフルーツケーキを食べた人はみんな口をそろえて(フルーツがイッパイで美味しい!)
と言って下さります。
20年前のお菓子の本のレシピ通りに作っているのですが・・・
ただこだわっているのは材料でしょうか。

sIMG_6108.jpg

一番大切なことはレーズンを3か月程ラム酒と赤ワインに漬け込んでふっくら
ジューシーに香りを閉じ込めておくことです。
基本のレシピは小麦粉 バター 卵 砂糖はすべて同分量の180gなんですが
私はお砂糖をすくなめの150gで作っています。
そして漬け込みフルーツは400g程加えて最後に空焼きしたクルミもたっぷりいれます。
ナッツの香ばしさと夏ミカンピールのちょっとほろ苦さがアクセントになった
フルーツケーキの出来上がりです。

 

 

冬の間だけ作るこのフルーツケーキお仕事で疲れて整体を受けに来て下さるお客様に
紅茶とともにお出しすると(美味しい!)とニッコリ。
また、来ますね!とおっしゃって元気に帰られる姿を見送ると夫も私も嬉しくなって
また頑張ろうと思うのでした。

 

 

 

 


下仁田ネギレシピ [料理]

 群馬県下仁田町と隣の安中市特産の下仁田ネギですが我が家は夫の整体を受けに
  来られたお客様から有り難い事にこの時期よく頂く事があります。
  下仁田ネギの料理、王道はなんといってもすき焼きでしょうね。
   しかしいつもというわけにはゆきませんよね。
  簡単シンプル 我が家の下仁田ネギの料理をご紹介いたしましょう。

 sIMG_5876.jpg
  下仁田ネギだけのかき揚げ

sIMG_5871.jpg
下仁田ネギを斜め切りしてごま油でさっと炒めて熱いお湯を注ぎ鶏がらスープを
加えて塩と胡椒で調味した簡単スープ。
新聞で見た中国料理のウーウエンさんのレシピで作ってみました。
おネギ沢山で体が温まり風邪の予防になりそうですね。
焼いたお餅入れても美味しいと思います。

sIMG_5895.jpg
ジャガイモとハム 下仁田ネギのグラタン

ジャガイモは太目の千切り、下仁田ネギはザクザク輪切りにしてたっぷりのバターで炒め
しんなりしたらハムの千切りを加え、塩コショウーをして小麦粉を振り込んで全体に絡め、
そこに牛乳を注いで中火で全体にトロミがつくまでゆっくりかき混ぜます。
全体にもったりしたらグラタン皿に入れてチーズを乗せてオーブントースターでチーズが溶けて
こんがり焦げ目がつくまで焼きます。
この方法はわざわざホワイトソースのルーを作らなくても簡単お手軽です。

sIMG_5866.jpg
下仁田ネギとベーコンのピザ風餅

フライパンにたっぷりオリーブオイルを引いてお餅を入れて下の方が焼けてきたら
斜め薄切りにした下仁田ネギをフライパンの空いたところでサッと炒めてお餅の上に乗せ
そこにユズ味噌を乗せて小さく切ったベーコンを散らし、最後にチーズを散らしてフライパンに
蓋をしてお餅全体に火が通ってチーズが溶けたら出来上がりです。

今回は市販のユズ味噌があったので使ってみましたがネギと相性抜群で美味しかったです。
お味噌の代わりにお醤油とカツオ節やしらす干しも美味しいと思います。

 

sIMG_5865.jpg
お餅ピザのお供は我が家の猫の額菜園で採れたサンチュとサニーレタス、ルッコラ
薄く切ってサッと茹でたレンコン、残っていたカマボコを入れたサラダです。
ボールに全部の野菜を入れてオリーブオイル 塩 胡椒、リンゴ酢をかけまわして
ざっくり混ぜれば出来上がりです。
オリーブオイル お酢 塩 胡椒があれば市販のドレッシングを買う必要もなく後は素材に合わせて
マスタード、玉ねぎ、醤油 すりごま その他プラスしていけば無限にオリジナルドレッシングが出来ます。
中途半端にビンに残ってしまう事もないし捨てる容器も減って燃えないゴミの減量にもなりますから。


メッセージを送る