So-net無料ブログ作成
検索選択

江戸情緒 [出来事]

空梅雨だった今年でしたが気象庁の梅雨明け宣言があったと思ったら
皮肉な事にその後毎日しとしと雨が降り続けています。

さて、雨が心配されていた23日(日曜日)に友人と企画した
ライブを安中市磯部の松岸寺で行いました。

s小菊チケット.jpg

 DMとチケット 友人のお嬢さんがデザインしてくれました!

  

 突然ですが、

 sIMG_9299.jpg

 夫が竹を加工していますが・・・?

 sIMG_9298.jpg

 

 ライブ会場入り口
  友人の弟さん手作りの立看が目印です。

 sIMG_9302.jpg


 山門を潜って境内には

   sIMG_9301.jpg


ライブ会場

sIMG_7958b-1.jpg

この日は朝から小雨が降っていましたが開場の5時半頃に
雨は止んで前日の猛暑とは打って変わって涼しくなりました。


sIMG_9304.jpg

開場の設え

 ここで夫が竹を加工したものがなんであるか
   お解りですね^^

   柳家小菊のめくりも夫が制作しました。
   夏用衝立と赤い毛氈は我が家から持って行き
   青竹の縁台は友人がインターネットで調べて
  千葉で制作している所から取り寄せました。

sIMG_9305.jpg

夫が作ってくれた竹のオブジエに私が花を生けました。

花材は駅前の広場に生えている葦をメーンに 友人の実家から半夏生
後は我が家の庭の斑入りのススキ キキョウ オイランソウ オミナエシ
緑色になったアジサイ 薄紫のナツシオンです。
イメージは江戸の大川(隅田川)辺の小料理屋です。

涼しげな風情を出したかったのです。



竹はばらして会場でセットしてその後に私が花を生けてゆきます。
竹のセッテングに30分、花を生けるのに30分。
居合わせた音響さんが 「速い!」と驚いていました^^
終わってからバラすのもあっという間の早業です!

段取りを考えて行けば時間はかかりません。
材料費は竹を支える板とビス、花を生けるオアシスしめて2500円!


sIMG_9307.jpg

6時、いよいよ小菊師匠のライブが始まりました。

寄席の芸人さんですから歯切れが良く軽妙なしゃべりで
あっという間に客席を引き込みます。
折しもお寺の鐘がゴ~ンとなってさらに客席が和みます。

sIMG_7982b.jpg

つい先日7月13日に落語家の春風亭小朝師匠をゲストに
三越劇場で初の独演会を行ったばかりの小菊さん。
声の良さもさることながら細竿三味線の多彩な音色に圧倒されました!


ところで何故唐突にこのような企画をしたのか不思議に思われるでしょう?
3年前私の住んでいる町に越して来た方と親しくなりました。
彼女は結婚前から様々なイベントの仕事をしてきたのですが駆け出しの頃から
小菊さんと知り合って40年来の付き合いなんだそうです。
友人から度々小菊さんの話を聞かされるのでいっそ安中でライブを
やってみてはどうか?という事になり今回の企画が出来あがりました。

sIMG_7961b.jpg

企画はしたものの果たして何人客が来てくれるのか不安でしたが
友人が営業に奔走してチケット58枚 招待の方が10人

計68人の盛況でした!


そして、何より嬉しかったのは小菊さんから「こんなに素敵な設えを
して貰ったのは初めて、写メで社長に自慢しちゃおう!」という言葉や
近所の方からは「今いる所が一体何処なんだろう?別世界にいったような
気持ちになった」という感想でした。
客席にはお三味線や踊りを習っている方や粋な麻の着物に巾着袋を下げた
おじいちゃま、男性一人など様々な方が見えていました。

また、お菓子屋さんの90歳近くのおばあちゃんは浅草生まれだそうで
一番前のかぶりつきで嬉しそうに新内のリクエストをしていました^^


ライブ会場ですが紆余曲折の結果ある方から磯部の松岸寺さんを
紹介されました。
そして住職さんはなんと快く場所を提供して下さいました。

しかも無償です!住職さんはジャズがお好きだそうで時々

お寺でジャズライブをするそうです^^


また友人の弟さんから紹介された音響さんもとても良い仕事を
してくれました。

夫が翌日に言った言葉は、
「夕べの小菊さんの会は何だか夢だったみたいだ」

そう言えば今日29日は隅田川の花火大会ですね!

小菊さんの会も夏の一夜の花火だったような気がします。



 おまけ

sKIMG0028.jpg


花を生けて汗だくになって家に帰ってから浴衣に着替えました。
久しぶりに浴衣を着て帯を結んだら何だかだらりとして上手く

行きません。時間がないので夫に何でもいいから結んでと頼んで

みたものの鏡で良く見えないのでスマホで撮って見せてくれました。


あっ、これは可愛過ぎる。本当はもっと粋な結び方にしてもらいたかった。

とは言えそれは無理な話である。
帯の結び方なんて夫は知るはずもないもの。
本はあったのですが時間がないのでこのままで会場に向かいました。


さて、会も終わって協力してくれたスタッフ11人とお蕎麦屋さんで
小菊さんを囲んでささやかに打ち上げをいたしました。
後日友人が会計の報告をしてくれましたが少々の赤字。
お客様に温泉饅頭とペットボトルの冷たいお茶をお渡しした分でした。
持ち出しが少なくて良かったホッ!






 





今年は梅の実大豊作 [出来事]

九州では豪雨で大変な被害に遭われた方々がいらっしゃる一方で

私の住んでいる群馬県は空梅雨傾向です。

何しろ梅雨なのに庭の植物に毎日水やりするような日が続いています。

12日(水)にやっと午後から雷と共にまとまった雨が降ってホッとする有様。
しかしその後は全く雨が降らず日曜日の今朝はまた庭全体の水やり再開です[涙]


しとしと雨が毎日降り続き梅雨冷えで肌寒くお日様が恋しいなんて

季節はもう過去のものになってしまったのでしょうか?

何しろ北海道で気温35度になるなんて異常ですよね!


話しは少しさかのぼって。

我が家の前の遊歩道沿いに梅の木が植えてあり毎年春は紅白の花が咲き

香りと目を楽しませてくれます。

しかし梅の実が成る木は殆どなく成っても僅か5,6個程度でした。

それが今年はどの木にも沢山実が付いているではありませんか!

sIMG_0070.jpg

なので、近所の方と梅もぎ(6月12日)

sIMG_0069.jpg

     この日の収穫

     sIMG_0075.jpg

    10日後に別の木からもいだ梅

    sIMG_9275.jpg

  こちらの梅は少し小ぶりで紅色が可愛い。だいぶ黄色く熟し始めています。

  植えっぱなしの梅の木は勿論無農薬ですので貴重です!

  前回と合わせると4キロ程の収穫でした^^
      目の前で無農薬の梅が採れるなんて有り難い!


 sIMG_9283.jpg

 梅シロップ出来上がり

 青梅を一晩凍らせて氷砂糖に浸けたもの。

 他に熟して黄色くなった梅を蜂蜜に浸けた
 梅シロップも作りましたが整体後のお客様に お出ししてもう無くなりました。

      sIMG_9296.jpg

      梅干しに浸けた一部を試しに干してみました。

      お日様に当てると固かった梅の実の皮がふにゃふにゃふっくらに。
           まだ梅雨が明けて無いこの時期に梅を干すなんて気候条件が変わって
         きているのを思い知らされるこの頃です!

sIMG_0062.jpg

私の好きな蛇の目ギク(ハルシャギク)が今年も沢山咲きました。


  sIMG_9291.jpg

  庭の片隅の菜園

  sIMG_9294.jpg

  2粒の種から育ったキュウリ

  sIMG_9295.jpg

  10㎝程のミニサイズキュウリです。

  只今どんどん実が付き始めています。
 

  sIMG_9292.jpg

  花桃の木にスズメバチ捕獲用のトラップを吊るして。


  これの前に仕掛けたトラップ二個には20匹のオオスズメバチと
  黄色スズメバチ他にカナブン、小さな蛾、蟻が入っていましたよ(@_@)


  自然界の生き物は皆何かしら必要があって生きていると思っていましたが

  スズメバチは日本ミツバチを攻撃して殺すし嬉しくない存在だ(# ゚Д゚)

  それにしても暑い!
  暑さに弱い私は梅シロップと梅干しで暑さを乗り切らないと。


  

野沢温泉 珍体験 [出来事]

9日の月曜日マーブルを連れて野沢温泉に行ってきました。
野沢温泉と言えば真っ先に野沢菜、それからスキー場のある温泉
といった私のイメージです。
本当は9日にワンコも泊まれる宿に1泊する予定でしたが
天気予報は9日10日とも雨だったので野沢温泉に行くのは
諦めていました。
しかし9日の月曜日は雨は上がり降ったとしても大した事がなさそうな気配。
なので日帰りで行こうという事でマーブルを連れて出発です。

sIMG_7683.jpg

松井田妙義のICから上信越自動車道に入り横川を過ぎるとトンネル
幾つも現れます。

sIMG_7692.jpg

浅間山の広々とした裾野は紅葉が今真っ盛りです。
曇っていたのと車中から撮影したので実際目にしたのとは
印象が違いますね~
目的地に着くまで両側の景色はまさに紅葉が見頃を迎え
これで晴れていたらさぞかし素晴らしい眺めだろうと思いました。


そして、野沢温泉に着きました。
それから先の写真有りません。
野沢温泉には誰でも気軽に利用できる外湯が13軒あるそうです。
まずは町の中心にある大湯に行こうという事で駐車場に車を留めて
タオルと小銭を持って温泉街特有の曲がりくねった坂道を大湯に向かいます。
カメラは車の中でした。
そんな訳で大湯の風情ある建物や温泉街の様子は何も撮れていません。

温泉地の外湯は初めての体験です。
扉を開けるとすぐ湯船が見えてその周囲の壁が脱衣所になっています。
温泉につかる前に体にお湯掛けしようと蛇口をひねると水が出てきました。
ならば浴槽のお湯でかけ湯をしようと浴槽を見るとずい分下の方にお湯がみえます。
踏み段で下りてお湯を桶に汲んでまた上がってかけ湯をして改めて浴槽につかって
みると浅い!お腹がやっと隠れる位です。
見ればあつ湯とぬる湯二つある浴槽の蛇口からお湯が出ています。
やっと気が付きました!
お湯の入れ替えでまだ浴槽に溜っていなかったんですね。
仕方がないので桶でお湯をすくって体に何度もかけて温まりました。

夫の方は先客3人が浴槽に寝るような形で横になっていたそうです。
男湯から笑声が聞こえたのはその様子が可笑しかったんですね(笑)
大湯を出ると雨が降り出してきました。
途中美味しい珈琲屋さんでコーヒーを飲んでお約束の温泉まんじゅうを
買ってついでに傘も買って急いでマーブルが待っている車にもどります。
途中千曲川沿いにある道の駅 千曲川花の駅 でお買い物をしました。

sIMG_7702.jpg
とても立派なブロッコリーとトレビスです。
特にトレビスでこんなに大きいのは初めて見ました!
下にあるのはクルミとムカゴです。
ムカゴご飯作るのが楽しみです^^

   sIMG_7701.jpg
山のクルミは小さいけれどとてもお味が良いのですが殻を割るのが大変。
ここに売っていたのは既に半分に割ってありました。

   sIMG_7705.jpg
翌日のお昼にトレビスとカリフラワーのサラダを作ってみました。
トレビスはちょっと苦味があるのでレタスも少し加えてローストした
クルミも加えました。
カリフラワーは固めにゆでて熱いうちにオリーブオイルとワインビネガー
少々の塩で下味をつけて冷めたらトレビス、レタスと合わせてクルミをちらし
ブルーチーズとハーブ塩 オリーブオイルをかけまわし全体にザックリ混ぜ
最後にニンニク少々と炒めたカリカリベーコンをかけて出来上がり!
苦味のあるトレビスとブルーチーズ相性が良いです。

さて、日帰りではありましたが野沢温泉の往復に見た千曲川のゆったりした流れと
どこまでも続く山を並木を彩る紅葉の美しい景色が見られてとても幸せな一日でした。
そして来年は桜の季節に必ず野沢温泉に行こうと夫と話しました。
何故かというと真っ赤に紅葉した桜並木がずっと続いていましたから^^

そして、昨日の午後嬉しいプレゼントが届きました!それは、
sIMG_7710.jpg

送り主は

  sIMG_7709.jpg

そうです、愛知県知多半島で長年野菜の有機栽培をしていられる
とりのさとZさんからのプレゼントでした。

とりのさとZさんのブログに野菜の詰め合わせを1名様にプレゼントと
ありましたので応募しました。
自慢じゃないがくじ運は弱い私です。案の定ハズレました。
しかし、優しいとりのさとZさんがハズレの2名に残念賞を
特別に用意して下さいました!
それがこの野菜セットです。
大根、自然薯、チンゲン菜、カブ サツマイモ 里芋 キウイ ミカンです^^


とりのさとZさん丹精込めた野菜ありがとうございました。
一つ一つ良く味わって頂きます!

 


我が家がテレビに [出来事]

3月27日テレビ東京の昼飯旅という番組に何故か我が家が登場しました。
近所の方から番組のお話があって10日に撮影の段取りとなりました。
タレントさんが旅先で出会った家庭でお昼ご飯を一緒に食べるといった内容です。

あちこち取材を断られてグルグル巡り巡って我が家にたどり着いたようです。
番組制作会社のデレクターさんからはタレントさんが誰なのかは特に聞いていませんでした。
そして、当日現れたのはこの方、

sIMG_7153.jpg

元全日本フライ級チャンピオンの内藤大助さんでした。
今はタレント活動をなさっていたんですね~

この日の我が家のお昼は地元野菜のプチベールとベーコンのパスタ、
ウドとオレンジ、ベビーリーフ、オリーブオイルで軽くソテーした帆立のサラダ
リンゴと人参のスムージーでした。
パスタは最近ある場所から頂いて来る鉱泉水を利用して茹でるのですが
まるで生パスタのようにモチモチになって美味しく茹で上がるんです!


出来上がってさあ食べよう!と3人で座ろうとしたら
「ちょっと待って下さい。撮影しますので」とデレクターさんが言います。
それから、ライトやらカメラやらセットして料理の撮影を始めたので約20分
食べるのがお預けになってしまいました。
なので、折角鉱泉水で茹でたパスタもポソポソになって美味しさは半減[ふらふら]

料理を撮影し終わった時に内藤さんが一言、「パスタ、チンした方がいいかも」
エッ、パスタをチンする?どうなんだろう?と結局そのまま食べたのですが結果は・・
私達夫婦は残してしまい内藤さんは完食して下さりました。
デレクターさん言ってくれれば撮影用に別に用意したのに。

内藤さんは食堂でアルバイトをしていたそうでベーコンを炒めるのを手伝ってくれたり
とても気さくで楽しい方でした。
そうか、賄い料理を食べていたのでパスタをチンするのは当たり前だったのかな?
それにしてもポソポソのパスタを食べた時に思い出したのは、伊豆の某有名ホテルで
食べたランチです。
ホテルの素晴らしいローズガーデンを楽しんで海の見えるコテージ風のレストランで
本日のおすすめ、冷製パスタを食べたのですが、
ウッ、これいつ茹でたの?パスタポソポソだわ!

夫はお肉料理だったので特に問題なく結局私はほとんど残してしまいました。
会計のさいにボーイさんにパスタがポソポソだったことを伝えると
朝パスタを茹でてストッカーにいれてあったのですが、と言うではありませんか!
その方法は30年前の喫茶店でナポリタンを作る時だろうが、今時まだそんな手抜き
するんかい!と呆れました。
今からかれこれ10年近く前の事をいまだに思い出すんですから。
夫が笑って 食べ物の恨みは怖いね~ 
ほんと、内藤さんに鉱泉水で茹でたての美味しいパスタを食べてもらいたかった!

sIMG_7156.jpg

犬が大好きでご自分も犬を飼っているそうでマーブルを抱きしめてくれたりするのですが
なんだか、迷惑そうな顔付のマーブルです。
マーブルはどちらかというと猫のような性格でしょうか。
私達以外の人に甘えるという事をあまりしません。
犬好きの人にしたらちょっとものたりない所があると思います。

sIMG_0473.jpg

撮影された時は我が家の前の遊歩道の梅が見頃になっていて
内藤さんもこの風景は絶賛していました。

それにしてもどういう流れで安中榛名駅周辺が取材の対象になったのか不思議です。
いつも駅前何とかならないかしら?と思っていた念が通じたのか?
テレビでこんな所があると少しでも知られたらと思ってこの取材に協力したのですが。
駅前にパンやケーキや軽いランチが出来るお店があったら車社会の群馬なのであちこちから
お客さんが来るだろうな~なんて思っています。

でも最初のナレーションに坪3万~建売住宅1300万~って言っていましたが
流石にそのような安い物件はありません。
でも首都圏に比べたらはるかに土地は安いと思いますので長野新幹線駅前の眺望のよい
場所でお店をやるかたいらっしゃいませんか?
今なら早いもの勝ちですよ~。

それから、「アップで人の横顔とるんじゃね~よ」ってカメラさんに凄めば良かった[ちっ(怒った顔)]


ジャズカフェ ウエストビレッジ [出来事]

新幹線の駅前なのにお店が一軒もない住宅街に住んでいる私ですが・・・
実は、隠れ家的なお店が3軒あるんです[るんるん]
何を隠そうその一軒は我が夫の川俣式骨盤整体の匠施術室なんですね~
我が家の宣伝はさておいて今日はジャズカフェ ウエストビレッジさんをご紹介しましょう^^

sIMG_7069.jpg

カナダでログハウスの勉強をしてきたオーナーの息子さんが手掛けた建物です。
大きな丸太を現場で加工しているのを見ていたので凄い!どんな家が出来るんだろうと
興味津々でした。どの位の日数を掛けたのかちょっと記憶に有りませんがともかく
かなり時間をかけて丁寧に作っていましたよ。

sIMG_7070.jpg

sIMG_7046.jpg

室内の天井の丸太立派でしょう?息子さんがコツコツ加工していました。

さて先日このお店でジャズのライブがあったので聞きに行きました。
sIMG_7039.jpg

サックス奏者のチバチャンが時々お仲間を引き連れてウエストビレッジさんでライブ演奏を
行っています。今回は皆さん軽井沢で活躍している方達だそうです。
通称チバチャンですが下仁田町に越してきて奥様と二人で自給自足の生活をしているそうです。
最近は貫録が出てきて光輝いています。
勿論、演奏がですよ~[わーい(嬉しい顔)]

sIMG_7041.jpg

sIMG_7040.jpg


ジャズの通ではないので何がどうのという薀蓄は語れませんがともかく楽しいひと時でした。

sIMG_7080.jpg
寛ぐウエストビレッジのマスター

      sIMG_7073.jpg

    マスターが若かりし頃バンドを組んでいた時の愛用のベースがさりげなく。
    そうです、マスターは趣味人です。
    オーディオ機器も多分知る人ぞ知るの物だと思います。
            古い蓄音器やレコードもあります。
    カヌーもやってたらしい。

sIMG_7074.jpg

ログハウスと言えば薪ストーブですね。店内はおかげでポカポカ!

sIMG_7081.jpg

おや?ソファの真ん中にいる子は?

      sIMG_7078.jpg

      そうです、このお店の看板犬のヨークシャーテリアのリアちゃんです。
                 もしかしたらリアちゃんがウエストビレッジさんの店長さんかも^^

                 それから、あともう一軒は昨年オープンしたばかりの可愛い雑貨のお店です。
       薔薇のアーチを潜って秘密の花園の奥のドアをあけると洋服や可愛い小物が・・・
                春になったらご紹介いたしますね^^

               Jazz Cafe  West ViLLage

           群馬県 安中市秋間みのりが丘3-173
            tel 027-315-0607

            営業日 木金土日            


               


ヒヨドリの置き土産 [出来事]

秋も深まり我が家のシンボルツリー ネグンドカエデもすっかり丸坊主になりました。

sIMG_6909.jpg

足元の山野草の枯れ葉の中にあるものを発見!

sIMG_6904.jpg

ネグンドカエデにヒヨドリが作った巣が強風で落ちていました。

sIMG_6906.jpg

とっても上手に作ってありますね。

sIMG_6907.jpg

ひっくり返すと裏側は拾ったビニールを上手く利用しています。

7月の事でしたが木の下を通るとヒヨドリがバタバタと飛び立つので覗くと
木の又にヒヨドリの巣が作られていました。
昨年も7月の中旬に4羽のヒヨドリが巣立って行きました。
しかし、今年は昨年のように親鳥がじっと抱卵している様子は見られなく
夕方には巣に帰ってじっとしているものの日中は出たり入ったりして卵を
抱いているような気配を感じません。

今年は相方が見つからなかったのでしょうか?
ヒヨドリは先にオスが巣を作ってメスを迎えるのでしょうか?
風で落とされた巣を見ながら何だか一羽のヒヨドリを思い出して
ちょっぴり胸が痛くなりました。
この主の居なくなったヒヨドリの巣は春になったら
スミレ、タンポポなど野の花を寄せ植えにしてみようかと思っています。

sIMG_6912.jpg
ヒヨドリさんの巣と対抗して(^^)

ログ友の緑の風さんが昨年送って来て下さった葛のツルで編んだバスケット
ドライフラワーになったアジサイ、ノイバラの実 黄色くなったカリンの実などを
乗っけてみました。


軽井沢でログ友とご対面 [出来事]

ブログをやっていて良かったと思える事は全国の方と色々知り合える事でしょうか?
横浜の緑の風さんもそんなご縁で1年に一回お会いするようになりました。
そして、今回は青森市にお住まいの陶芸家のmutuminさんにお会い出来たのです!
というのもmutuminさんが高校時代からのお友達と軽井沢にいらっしゃるとの事で
それでは、軽井沢で待ち合わせしましょうとという事になったのです。

mutuminさんのブログを拝見していると陶芸のお仕事をしながらいつの間にか
無農薬野菜をつくりこんどはその野菜期間限定のランチを始めたりジャムを造ったりと
どんどん創作活動の場が広がって行く発想も楽しく一度青森のむつみ窯を訪ねてみたいと思っていました。
そんな矢先mutuminさんと我が家から長野新幹線で一駅の軽井沢で会う事になったのです。

私が想像しているmutuminさんはとてもパワフル、きっとスリムな方に違いないわ、です。

sIMG_6457.jpg

ヤッパリ!

12時に軽井沢の駅で待ち合わせして旧軽井沢商店街に向かって
おしゃべりしながら歩きます。
途中川上庵というお蕎麦屋さんで昼食(3人ともクルミたれのざる蕎麦)美味しかった!
そしてそこでまたしばらくお喋りをしてまずは旧軽銀座をブラブラと・・・
していたら雨が降り出した[雨]

そこで、目に入ったミカドコーヒーで雨宿り。
そこで雨が止むまでまたお喋りタイム。
ここで撮った写真はアングルもダメだし逆光の設定もしていなかったので残念ボツに。
そして雨があがったのでmutuminさんのリクエスト、フランスベーカリーに行きました。
冒頭の写真はフランスベーカリー前のmutuminさん。

sIMG_6460.jpg

ここの売りはビートルズのジョンレノンが愛したフランスパン。
壁にジョンレノンの写真がありフランスパンと一緒に写真を撮るmutuminさん。

sIMG_6458.jpg

おや?こちら何撮ってるの?

sIMG_6459.jpg

珍しい富士山型のメロンパン
mutuminさんと1個づつ買いました。
もちろんフランスパンも。
そうこうしているううちにあっという間に4時を廻って帰りの新幹線の時間も迫って来たので
軽井沢駅に戻る事になりました。
結局ほとんどをお喋りで費やしていたので軽井沢のご案内は出来ていませんでしたね^^;
取り敢えず私の推奨はハルニレテラスと石の教会、雲場池という事で次の日にお二人は
そちら方面にお出かけなさるそうです。
(ハルニレテラス 石の教会は2011年の秋横浜の緑の風さんと行って良かったので)
その前にこの日の夕方はホシノリゾートで行っているムササビの観察を申し込んでいらっしゃいました。
夜行性のムササビが飛行する様子なんてめったに見ることが出来ませんものね。

sIMG_6452.jpg

  旧軽銀座に向かっている途中で見かけたお店。
 いかにも軽井沢らしくて素敵な店でしたが残念なことにお休みでした。
ガラス越しに覗いてみたらアンティークぽい可愛い生活雑貨のような物が沢山みえました。

ブログで知り合ったお友達の共通点は皆さんその道を追及して自分の物にしている事と
絶えず感性を磨いているように思われます。
それから自然をとても大切にしていることも共通項でしょうか。
そうそう、それから人に喜んでもらえるものを造り出していることも・・・

取り敢えず広く浅くの知識だけの私にとっていつも探求心をもって行動している人はとっても
魅力的に思えます。
mutuminさんこれからも色々チャレンジして自分の物にしていってね。
そして皆さんを幸せな気持ちにさせてね! 

mutuminさんのブログ[右斜め下]
                 http://mutumin3.blog.so-net.ne.jp/

 


突然子犬軍団に囲まれ! [出来事]

 

 

桜の開花があちこちで聞かれますが、私の住んでいる安中市では梅の花が見頃に
なりました。
群馬県の北西部に位置する安中市は養蚕農家が沢山ありましたが絹織物の
需要が減ると共に農家は桑の木を切って梅の木の栽培に切り替えたそうです。
約50年程前の事だそうです。
今では、梅の生産量は和歌山県に次いで全国2番目です。
あんまり大きい声で言えませんが和歌山県産の梅干、実は群馬県産もだいぶ
混ざっているんですって。
近くには安中市の秋間梅林、高崎市の榛名梅林、箕郷梅林と群馬3大梅林が
控えています。
25日(火)ノルディックウオーキングに出かけた時の風景です。
sIMG_6270.jpg
三大梅林まで行かなくても長野新幹線安中榛名駅前住宅街からちょっと歩けば
辺りの里山はこの通り梅林だらけです。

sIMG_6267.jpg
ちょうど見ごろを迎えていました。

sIMG_6282.jpg

途中 やぶ椿の花に見とれたりして歩いて行くとある家の前で突然子犬の群れが現れ
ワン、ワン、と私達を威嚇するではありませんか!

sIMG_6276.jpg

sIMG_6278.jpg

子犬は全部で4匹いました。
実は昨年11月の中ごろだったと思いましたが同じ場所を歩いていると
ミュウミュウという生まれたばかりの子猫のような声を聞きました。
どこから聞こえるのかとこの子犬が現れた家の軒先を見ると2匹の犬が
繋がれてそのうちの1匹の犬のそばのボロ布に何かが動いていました。
よく見るとまだ産まれて間もない子犬だったのです。
4匹の子犬はその子達の成長した姿だったんですね。

  sIMG_6281.jpg

おととしの春やはりこの場所を歩いていたら突然1匹の子犬が現れ私達の後を
ついて来ました。道路の下の家の庭先にはこの子犬の母親が繋がれて私達に
吠えていましたが子犬は開け放たれた家の座敷を自由に出入りしているのです。

そうなんです、この4匹の母親はその子犬だったんです。
そして祖母と母親のワンコは庭先に繋がれ4匹の子犬はまた開け放たれた座敷を
自由に出入りしているようでした。
この日一緒に歩いている友人が去年の子犬がどうなっているのか気になるというので
確認のため久し振りに歩いて来て元気に育っている子犬達に囲まれてしまったんです。

友人は元気な子犬達を見て ホッとしたような、心配のような複雑な気持ちと言いました。
この犬達の飼い主さんは特に犬を大切にしているように見えませんし寒い冬を産まれた
ばかりの仔犬が乗り切れるのか心配でした。
それから今は子犬ですが夏になる頃はすっかり大きくなっていることでしようが
やはりこのように自由に放し飼いにするのだろうか?
義務化されている狂犬病の予防注射は?
巨勢手術や避妊手術は当然するとは思えませんしまた子犬が増える心配もあります。
気になること山ほどありますがこの子達が悲しい思いをすることのないように願いたいものです。

このワンコ達の行く末を心配してしまいましたが一方でこんなに愛された仔の証しが
途中にありました。

   sIMG_6273.jpg

   先祖代々のお墓の横に・・・・
   お彼岸に供えたお花とお線香が残っていました。

sIMG_6283.jpg

   里山の早春は濃淡の紅梅と白梅 サンシュの花の黄色で彩られています。

 


ヒヨドリの雛の巣立ち [出来事]

 皆様お久しぶりです。
 今まで使っていたDELのパソコンがいよいよ風前の灯状態になりバックアップしなければ
  いけないなと思っているうちにいよいよダウンしてしまいもはや自分ではお手上げ状態に
  なってしまいました。
  新しいパソコン購入の際 家電店のサポートセンターに持ち込みバックアップをお願いしました。
  電気系統が駄目になっていてハードデスクを取り出してバックアップしたそうです。
  食事と他の家電製品を見て1時間半ほどでUSBメモリを受け取ることができました。ヤレヤレ;

  5年間愛用していたDELのパソコンともお別れです。

 sIMG_5407.jpg
    家電店のサポートセンターの店員さんが「可愛いパソコンですね」と仰っていましたが
   確かオリーブ色とオレンジ色があってどれにしようか迷った記憶があります。
   5年間の間に黄色も汚れてしまいましたが長い間付き合ってくれてありがとう!

               こちらが新しい相棒のSONYVAIOです。 

              sIMG_5414.jpg

   タッチパネルでなく今までのようにマウスで操作するタイプですが進化したのはコードレスって事です。
  カラフルなマウスがありましたがこのお顔のあるのが可愛いので相棒になりました。
  このパソコンは春モデルで夏モデルが出たので型落ちで安くなってお買い得でした。
 それにしても、パソコンも春夏ってまるで洋服のように変わるなんてビックリです。
  そんなに変える必要があるのかしら? 売る側の都合のようなきがしますが・ブツブツ・・・
  今までビスタだったのがWindows8になって使い勝手もなんだかすっかり変わってやっとこ
  ブログアップにこぎつけました。

        そんなパソコン騒ぎの間にヒヨドリの雛たちも巣立って行きました。
       sIMG_5364.jpg
     7月18日の雛 
     すっかり体が大きくなってこれではもう巣が小さくて身動きとれないような状態です。

    sIMG_5366.jpg
       離れた木から親鳥が盛んに鳴いています。
       どうやらもう巣立ちの日が近づいたようです。
       翌日の朝、巣をのぞいてみたら雛たちの姿はありませんでした。
    ヒヨドリの雛に初めて気が付いたのは7月12日でした。もうちょっと前に孵化して
      いたとして1週間から10日くらいで巣立ちするのかな?って感じです。
    また来年もこの場所に巣作りするのかしら? 
   古い巣は汚れているでしょうから秋になったら取り外す事にしましょう。

             さて、こちらはおなじみのマーブル嬢。

           sIMG_5415.jpg
               ( 夏の午後はなんだか気だるいわ )

 

 

 


 
 
 

 


 


  
 


 


小鳥のヒナ誕生! [出来事]

 皆様 お久しぶりです。
 一人住まいの姉が体調を崩し入院してしまい6月半ばから毎週東京
 行く用事があってなかなかPCを開く気持ちになれませんでした。
 そんなおり、我が家の玄関脇の植え込みにネグンドカエデの木があり
 近づくと鳥があわてて飛び立つので不思議に思っていました。

  IMG_5329_small.jpg

  ある日茂った木の枝を少し払おうと思って中を覗いたらこんなものを発見!

               IMG_5321_small.jpg

               ポリ袋などを利用した鳥の巣でした。
         その後時々覗いてみると大きめな鳥の尾羽が見え気配を感じてすぐに
         バタバタと飛び去って行きます。
         その姿は何と日頃私があまり快く思っていないヒヨドリでした。
         ベリー類や花をついばんだり大きな体で我が物顔のヒヨドリは
         可愛げが無いのでどうしても好きになれません。
         しかしこのように我が家の木に巣をせっかく作ったのだからとしばらく
         観察することにしました。

         そんなある日、ついにヒナが誕生しました。

 IMG_5326_small.jpg

 ちょっと枝を突いてみたら一斉に大きくクチバシを開いて四羽います。
 せっせと親鳥が餌をはこんでいますが私達の姿を見ると遠くの木から様子をうかがって
 警戒をしています。雛も親鳥でないと察知して近づいて枝を少し揺らしても前のように
 決して顔を覗かせません。 危険だよ、ときっと親鳥が教えているのでしょう。
 あまり好きでないヒヨドリですがこうして雛を近くで見ることが出来てちょっと楽しい
 出来事でした。

 玄関に生けたヤマユリは夫がある場所に群生しているのを発見して藪でひっ掻き傷を
 作りながら切り取ってきてくれたものです。

     IMG_5336_small.jpg

  園芸種で華やかな色彩のユリも沢山ありますが私はこの昔から日本の里山に
  咲いている山百合が大好きです。
  でも近頃は里山も手入れをされなくなったので葛など藪に覆われて木陰に真白な
  山百合が咲いている風景を見ることが少なくなってしまい残念に思っています。

  IMG_5346_small.jpg

   この山百合独特の赤い点々が気持悪いと嫌われる方もいらっしゃるようです。
   山百合特有の模様を無くしてヨーロッパで栽培されて日本にまた里帰りして
   大人気になったのがカサブランカですね。

 


メッセージを送る